初心者マーク

提示する義務があります

運転免許を取得したばかりの方は、初心者マークを車のわかりやすい前後の位置に提示しておかなければいけない義務があります。
初心者マークは正式には初心運転者標識という名称で、黄色と緑の組み合わせのマークのことです。
運転免許を所得してから1年はきちんと提示しておかなければいけませんが、もしも1年以内に自分勝手な判断で取り外してしまった場合は違反点として1点減点されて、反則金を支払う事態になってしまいます。

参考:初心運転者標識

初心者マークを示す意味と理由

念願だった運転免許を取得できても、初心者マークを貼って運転するのが恥ずかしいという方が多いです。
なぜ初心者マークを提示しなければいけないのか、その理由すらよくわかっていない方がたくさんいます。
わざわざ車の目立つ位置に初心者マークを提示する理由は、他のドライバーに対して運転初心者であることをアピールするためです。
公道で走行しても問題ないとお墨付きをもらって合格できた実力の持ち主でも、じっさいに運転してみるとまだまだ運転技術は未熟なものです。
とっさの判断ができずに不安定な運転をする方も少なくありません。
未熟な運転技術が原因で他のドライバーに迷惑をかけるだけでなく、万が一大きな事故を引き起こしてしまっては大変な事態になります。
未然に防ぐためにも「自分はまだ運転初心者だからみなさん優しくしてくださいね」と周囲のドライバーに注意を促すためにわかりやすい場所に提示するように義務付けられています。

初心者マークを付けた車が走行している場合は、他のドライバーは安全に配慮しながら保護をして運転しなければいけません。
運転技術が未熟な初心者ドライバーは、突然トラブルが発生すると焦って事故を引き起こす可能性が高いため、煽りや幅寄せ、無理な割り込み等の行為を絶対に行ってはいけないとされています。
初心者に限らず、一般のドライバーに対しても事故を誘発させてしまうような危険な運転を行なうべきではありませんが、初心者に対しては特に配慮をすべきと決められています。
初心者マークを付けて走行している車に対して、危険な運転を行ったドライバーは減点1点と罰金を支払う事になります。

運転免許を取得してから1年を経過しなければマークを外せないのに、「もう自分は運転が上手くなったから大丈夫!」と勝手に判断して外してしまってはいけません。
決められているルールをきちんと守らなければ公道を走行する権利は無いものだと肝に銘じ、1年間はきちんとルールを守って安全運転に努めてください。