卒業検定

教習所で免許を取得するためには試験を受けなければいけませんが、試験を受ける前に卒業検定を受ける必要があります。これは道路や交通の状況によって他の人の運転などにも気をつけながら主体的な運転をすることができるのかどうか、その点を卒業検定では見ているのです。卒業検定はそれぞれの教習所で受ける最後の試験だと思ってください。決まったコースがあるのですが、そのコースを主体的に安全に走行することができるのか、そして路上停車手順をチェックします。教習所の中で方向転換をしたり縦列駐車をしたりしてその技能を確認されます。採点ですが、路上コースの採点は車に乗るところから降りるところまでを見ています。安全確認の方法として直接目視をしたりバックミラーを見ているかも確認しています。

そして路上の端への停車および発進も見られますし、脱輪をしたときの措置や、駐車をしたときの措置なども見られます。合格の基準としては検定の成績は100点満点で70点以上が合格です。採点方法ですが限定方式です。検定中止になることもあります。たとえば危険行為をしたり検定員の補助を受けた、減点によって70点以上を取ることができないとわかったときなども減点超過です。後は検定実施のための支持を無視した場合にも、支持違反として中止になります。減点対象はいろいろとありますが、たとえば脱輪してしまった、踏み切り、停止位置があまり適切ではなかった、ふらつきがあった、警告音をむやみにならしたとか、急ブレーキをかけてしまった、交差点の左折の際、右折の際にも減点対象となることがあります。中止になってしまうケースでは逆行を1M以上したとか発進不能になった、脱輪をして乗り上げた、反対車線を走行した、アクセルにむらがある、踏むきりで一旦停止をしなかったなどがあります。

卒業検定に合格をしなければその後免許試験センターで免許を取得するための試験を受けることもできませんので、教習所における卒業検定を受検して、合格してこそ次に進めることを忘れてはいけません。厳しくチェックしている教官がいるところでは何度も合格できずに不合格となり卒業できない人などもいますので、そうならないようにするためにもしっかり検定対策をしたいですね。意外と検定対策を何もしなかった人で1回や2回落ちている人は多いので、侮れませんね。しっかりと検定対策をしておくことをここで強調しておきたいと思います。