ゴールド免許

ゴールド免許は免許の更新をしてから5年間、1回も、事故、違反をしなかった人がもらえる免許のことを言います。運転免許更新をしなければいけなくなればはがきが家に届くと思いますので、そのはがきで自分がゴールド免許であるかどうかが確認可能です。運転免許を更新するときにはドライバーは誰でも講習を受けることになるのですが、その時間が、他の色の免許の人と比べると短時間になるメリットがあります。運転免許の色、それはゴールド以外に、グリーンとブルーがあります。最初に免許を取得すればグリーンで、その有効期限は3年です。ゴールド免許を取得しようと思ったら5年間は無事故無違反で過ごさなくてはいけないので、もしグリーンの人が次の更新まで無事故無違反だったとしてもそれは3年間になりますので、1度目の更新ではまだゴールド免許はもらえないのです。ゴールド免許をもらったら5年間有効なので、次の更新は5年後で、そこでまだ無事故無違反だった場合には再度ゴールド免許ということになります。

ゴールド免許を持っていて事故、違反をしてしまったら次の更新まではゴールドのままですが次に更新したときはブルーになります。ブルーは有効期限が3年の場合もあれば、5年の場合もあります。5年間に駐車違反をしたり一旦停止をしなかったりした軽めの違反ならブルーの免許の有効期限も5年です。このように免許によってはゴールド免許を持っていることで何かとメリットや恩恵を受けることができるのです。

たとえは自動車保険に入っていると思いますがその保険もゴールド免許の人は保険料が安い場合があります。ゴールド免許であるということはつまり、事故を起こさない可能性が高いということで、事故を起こす可能性がある人と比べると保険料を安く設定しているのです。ですからゴールド免許であるというだけで講習の時間が短縮されますし、それだけでなく事故を起こさない人だと判断されて自動車保険の保険料までも安くなりますのでこれはがんばってゴールド免許をもち続けたいですね。普段から安全運転に気をつけていて事故を起こさないという意識を持っていないと5年無事故無違反でい続けるということは難しいことです。ゴールド免許を取り続けている人で、それがペーパードライバーではなくて、日常的にも車を運転しているのにもかかわらずゴールド免許だという人はとてもすごいと思います。なかなか連続でゴールド免許を取ることが出来る人というのは少ないのです。