適性検査

運転免許における適性検査についてここでは考えていきたいと思います。適性検査という言葉をきいてもなんだかわからない人もいると思いますが、運転能力があるのかを見るための検査です。視力、聴力、運動能力を見ることになります。これは運転免許を得るためには避けて通ることは決してできません。運転免許ではこの三つが基本になりますが視力や聴力以外にも色彩識別能力などもあります。免許の種類によって合格ラインになる基準も違っているのですが、もしも学科試験や技能試験に合格をしたら適性検査の基準に満たない場合には免許はいくら合格をしているとしても更新や交付をしてもらえないのです。そして下位免許の基準に達しているのであれば、下位免許は交付されるので、原付の基準を満たしている場合なら自動車は無理でも原付なら可能になります。

具体的に見てみると、視力は一種免許、大型特殊、自動車二輪、普通仮免許の場合には両目で0.7以上、片目で0.3以上、片目が0.3未満の場合には他のほうの視力が0.7以上あったとしても左右で150度以上という規定があります。そして両岸で二種免許や中型免許の場合には0.8以上で硬めで0.5以上、小型特殊や原付の場合には両目で0.5以上となっています。これは裸眼でなければいけないということはありませんので、視力を矯正するための、めがねやコンタクトでも可能です。れーシックを受けた場合でもめがね等となっている場合は条件解除手続きをすれば視力検査だけで手続きはできます。

そして色彩識別能力、これは赤青黄の色が識別できるか、聴力は、一種免許や大型特殊、自動二輪、普通仮免許は日常会話の聴取ができることと10Mの距離で90デシベルの警音機の音が聞こえるのかという点にあります。そして運動能力ですが、こちらは一種免許と大型特殊、自動二輪、普通仮免許は、安全な運転に必要な認知とハンドル、その他装置を随時に操作できるか、自動車運転に支障を及ぼすような身体障害がないことなどが条件です。これらの条件を満たしていない場合は実技や学科試験で合格をしていたとしても免許をもらうことはできませんので、特に視力などは注意が必要です。いくら運転技術があっても学科試験で合格をしていたとしてもめがねを忘れれば免許の交付はしてもらえませんので注意したいですよね。運転をするって色々な能力が必要なことなんだなと改めて感じた人ももしかすると多いのかもしれませんね。