費用

この2つの方法どちらで取得するのかを比較する際に費用面は大切でしょう。

合宿免許は泊まり込みで免許を取得するので、
宿泊費用に食費、交通費などもかかりますから、
地元の教習所に通って免許を取得する通学免許と比べると絶対に費用は高くつくと思っている人もいるのではないでしょうか。
しかし実際のところは通学免許と合宿免許比較すると合宿免許の方が費用が安いのが特徴です。
参考:通学と合宿の料金

合宿免許の仕組みは大半がパックでの料金設定になっています。
教習代と宿泊費、食費は3食ついて、現地までの交通費もすべて込みの安心保証料金の設定にしているところが多いのです。
場所によっては教習補習、検定に万が一落ちてしまった場合の再検定料、
そして延泊が必要になった場合でも追加費用が一切かからない保証プランを用意している合宿免許もあります。
気になる合宿免許の費用ですが、オートマ車限定で約17万円からとなっています。
これが安いのか高いのか、ちょっと今の段階ではわからないですよね。
次に通学免許の費用について見ていきましょう。

通学免許の費用は大半が基本の教習料金を支払います。
一定の講習を受けた後、それから終了検定を受けます。
仮免許の手数料を支払って、卒業検定のときにはまた卒業検定の費用を支払うというのが主な料金設定となっています。
そして技能教習や検定不合格の場合にはその都度技能補習料金や再検定料金が別途必要となるのが流れです。
それ以外にも夜にしか通えないという場合には夜間料金がかかってきたり、
予約をしていたのにキャンセルをすることになればキャンセル料が発生することもあります。
追加料金が何かとかかってくるということは覚えておいたほうがいいかもしれません。
そして具体的な金なる金額ですが、オートマ車限定で30万円前後となります。

okaneg合宿免許の費用が交通費や宿泊費、食費などすべてパックになって追加料金もほとんど必要がないのに対して、通学免許の場合には教習料金だけでこの値段です。
これは比較すればどちらが安いかは比べる手間が省けるほどの歴然の差が出ています。

通学免許の教習料金はこのようにとてもお金が必要になります。
最終的にいくらかかるのか、始まってみなければわからないという不安もでてくるでしょう。

合宿免許の場合にはすべてがセットになっていて明確な上に、
さらにかなり安いということもありますので、値段の面だけで見て免許をどこで取るのか比較したい人は断然合宿免許を選んだほうが安くなります。

費用の面だけで見て選ぶのはちょっとと思っている人もいるでしょう。
保証がついている点などを考慮しても合宿免許のほうがいいと思えるのではないでしょうか。
食事もついて旅行気分が味わえてこの値段ならコストパフォーマンスの高さはとてもいいことがわかります。